時計の修理について

例えば、お店で一目惚れした腕時計を購入し、自分の腕にする。
その時計への思い入れが強ければ強いほど、手に入れたときの嬉しさはひとしおですよね。
そんな大切な腕時計をいつまでも綺麗に使うために、日々気を付けたいことがいくつかあります。
1、時計本体のケア・・・腕時計を柔らかい布で乾拭きする。汚れがあったらブラシやようじで取る。これを毎日行うだけで時計の輝きと寿命は大幅にアップします。
2、革ベルトのケア・・・柔らかい布で汚れをとる。専用クリームを塗る。夏場は汗をかきやすいので入念にしてください。革ベルトの場合は、手入れが悪いとワンシーズンでダメになり、すぐに修理が必要になることもあります。
3、金属製ベルトのケア・・・ウェットティッシュなどで軽く拭く。本体を水につけないように、ぬるま湯で歯ブラシを使って洗う。濡れないようにケースをラップに包むと安心です。
4、ガラスを磨く・・・柔らかい布で汚れを取る。ケースとガラスの間の溝の部分は繊維の細かいブラシで汚れを取り除いてください。汚れ落とし用洗浄液は使用厳禁です。ガラスに施されたコーティングがはげでしまうことがあるのです。

こうして、毎日大切に手入れをしていれば、すぐに何か時計の修理が必要になる、ということは避けられます。

ただ、時計を長く使っていると、どうしても様々なトラブルに見舞われることがでてきます。
そんな時はどんな修理が必要になるのでしょうか?

時計の修理の代表例は

・オーバーホール
・ベルトの調節・ベルトの交換
・ベルトの溶接
・研磨
・ガラス交換
・電池交換
・磁気抜き
・文字盤再生
などがあります。

このサイト集への掲載

当サイト(時計修理なら)にリンクしていただいたページランク 4 以上、発リンク数 50 以内のサイトは新規登録フォームで登録すると即時に掲載されます。

トップページ紹介サイト

サイト名PRリンク